実際の料金相場を比較 | 大都会では納骨堂利用者が増加しています・失敗しないための基本知識

大都会では納骨堂利用者が増加しています・失敗しないための基本知識

実際の料金相場を比較

carrying the coffin into the church

一般的な霊園での墓石埋葬に比べると、かなり費用を低く抑えれるのが納骨堂利用のメリットです。
では実際の料金相場は具体的にいくらぐらいなのでしょうか?
納骨堂の料金相場にはけっこうな幅があり、安い場合では10万円以下からで、平均的には50万円前後というのが一般的だと言われています。
豪華な墓石などを頼めば150万円近くにもなる場合もありますが、基本的には50万円くらいだと覚えておけば大丈夫だと思います。
一般的な墓石埋葬では200万円近くかかる場合もある事を考えると、納骨堂埋葬がいかに安い手段であるかという事が伺い知れるでしょう。
ですが納骨堂利用には料金幅がある分、管理者が行ってくれるサービスにも値段ごとの違いがあります。
特に永代供養なのか、期間限定の供養なのかといった部分でもサービスと料金に違いが生じますので、利用する際は必ず納骨堂ごとのサービス比較を行う事が肝心です。
もちろん一人で決めるので無く、家族や親戚逹と相談をしてから決める方が良いでしょう。
どちらにしろ納骨堂利用にあたっては、場所代と供養・管理代といった費用がある事を覚えておき、そのうえで施設選びを行う必要があります。
安さがメリットの納骨堂とはいえ、あまりにも安すぎる利用プランではまともな供養などもしてもらえなかったりしますので、できる限り最低限の内容は押さえておく事が故人への敬意へとつながります。
このようにリーズナブルな納骨堂利用ですが、故人への配慮を考えて細かいプラン内容なども把握しておく事をオススメしておきます。